特徴

準備の手間を最小にする仕組み

電気の実験授業は、様々な測定器が必要です。 授業時間のうち、準備にかかる時間は短くありません。

CloudTesting™ Serviceなら、必要な測定機能をオール・イン・ワン測定器CX50で利用できます。 CX50をPCに接続し、実施する実験を選択するだけで、実験を開始できます。


機能チャンネル数仕様
デジタル信号発生・検証8050MHz
電源2-8V to +8V
DC測定1-8V to +8V, -50mA to +50mA
DC測定3-8V to +8V, -1mA to +1mA
アナログ信号発生11Msps
アナログ信号キャプチャ1800Ksps

CX50はAWGモジュールとDGTモジュールを外付けすることで、アナログ信号の発生とキャプチャが可能です。


より深い理解を得るための工夫

学生は、ブレッドボード上に実装した回路の振る舞いを、 回路図とメータで視覚的に理解できます。

また、解析ツールを利用すれば次のような解析も可能です。

  • 複数パラメータのスイープ測定
  • 伝搬遅延時間の測定

学生は、より多くの教科書の内容を実験で確かめることができます。


Waveform Viewer

観測した波形やグラフを表示・解析するための解析ツールです。波形の重ね合わせ機能やカーソル機能があります。

Shmoo

電源電圧や動作周波数などの測定パラメータを変化させながら、自動的に繰り返し測定を行うことができる解析ツールです。

例えば汎用ロジックLSIの解析では、電源電圧と動作周波数をそれぞれ変化させながら、正しく動作できる境界値を調べるといった測定が簡単にできます。


よくあるご質問

CloudTesting™ Labとは何ですか

CloudTesting™ Labは、実験を行うソフトウェアです。

CloudTesting™ Station CX50とは何ですか

CloudTesting™ Station CX50は、定電圧源や電圧・電流計、信号発生器などが持つ測定機能を備えたオール・イン・ワン測定器です。

教育パッケージIPには、なにが含まれますか

教育パッケージIPソフトウェアと、教育パッケージIPテキストが含まれます。

月額契約はありますか

月額契約はありません。

CX1000で利用しているTesting IPは、CloudTesting™ Service教育向け製品で利用できますか

CX1000で利用可能なTesting IPは、CloudTesting™ Service教育向け製品で利用できません。

USB2.0は利用できますか

弊社内にて、USB2.0での動作確認を行い正常動作を確認しておりますが、お客様の環境において正常動作を保証するものではない事をご理解ください。